画面の大きさと、形状,モニター種類でサイネージを選ぶ・・・

HTB1Bu5Jbrys3KVjSZFnq6xFzpXa6.jpg
477.005.jpeg
576.012.jpeg
21_edited.jpg
477.002.jpeg
イメージ.004.jpeg
477.003.jpeg
H4d14b6051d904fba9442163c6d3c7ea1g_edited.jpg

LCD

OLED

1074.004.jpeg

近くで見せる、タッチ操作でインタラクティブサイネージができる。

10〜24インチ

32〜55インチ

65〜100インチ

100〜200インチ

200インチ以上

卓上スタンド

フロアスタンド

壁掛け・天吊り

ステージ・外壁・

離れた所からも明るい画面で

大勢の目に広告。
高解像度、高輝度の画面は映画館や

舞台、スタジオ、スタジアム、娯楽施設への

​普及も進んでいます。

スタンドLED_edited.png
イメージ.013.jpeg
円筒型
シリンダーLEDビジョン

LED

屋外広告LEDビジョン

◾️広告目的で、機器を選ぶ◾️

デジタルサイネージ機器は、LCDディスプレイとLEDスクリーンのふたつです。

(付加価値機能として透明スクリーンのLCDとOLED、LEDあります。)
LCDディスプレイは、TVビジョンと同じ見え方なので近くで見ても写真のように画像は綺麗です。LEDスクリーンは、近くで見ると光の点の集合のようにしか見えないため、離れてみる場所で、例えば、ビルへ壁面や屋上看板に適しています。新技術で1〜2m離れて見ても綺麗な画面に見えるLEDスクリーン4Kも登場しました。これらは、教育現場や会議用の大画面として使ったり、映画館での使用が始まりました。

 

 

店内案内用ならばLCD

近くで広告

 

LCDスクリーンは、家庭用液晶TVと同じ構造なので、近くで見たり、タッチ操作でインタラクティブ広告に向いています。デジタルサイネージ用LCDスクリーンは、長時間の放映やデータの送受信、日光の下でも見えやすい高輝度モニターを採用し、ウィンドウサイネージにも適しています。明るい店内で商品広告にも適しています。

サイズは、卓上用10インチから、壁掛けや大型スタンド用65、85、100インチなどが利用範囲です。

また、55インチ以上の大型モニターを複数繋げた大型モニターは、空港ロービなどで見かけます。

 

通路、ロビー、会議場、劇場ならばLED

​離れて広告

LEDの明るい画面は、遠くからでも視認しやすくロビー内での壁の高い位置に設置することで、大勢の人への広告効果があります。特に屋内や、夜間の屋外広告ではその効果が発揮されます。近年、湾曲スクリーンを使った、ビルのコーナー壁面を使ったLED画面が話題になりました。まるで、高い位置から大きな動物が手を伸ばして、今にも道路を歩いている人に飛びかかってくるような画像をご覧になった方の多いと思います。また、映画館では辺りを暗くしないと画像を綺麗に映せませんが、LED4K画面を使えば、辺りを暗くせずに綺麗な画像が映し出せます。小さな子供や、暗いところが苦手な方、パーティー会場での放映など、明るい環境で映像を楽しめるのも特徴です。教育・会議場などでの利用が見込まれます。

711.012.jpeg
イメージ.004.jpeg
21_edited.jpg
H0944ef568f914a7fa411c5a4e8c5b4a3j.png

◾️広告運用方法を選ぶ◾️

​インターネット回線で複数機器を遠隔管理

インターネット回線利用の、遠隔操作による画像放映方式。
TVコマーシャルのように、タイムスケジュールを設定して画像や動画を音声付きで配信します。
画面は、複数に分割可能で、インターネットホームページやyoutube、天気、ニュースをそれぞれ放映が可能です。一度に複数の機器へデータ送信が可能なため、同じ画像を流したり、機器別に違う画像を流すことができます。店舗や、地域によって別々の情報を流せます。
操作はPCで行います。

cloudcomputing.jpg

メディアで管理
​単数機器を直接管理

機器をLANまたは、HDMIで接続し、またはUSB/SDをセットして画像データを放映することができます。
また、新しい使い方として受付機能を設定できます。カメラ・スピーカー・マイクを備えた機器を使用することで、今後増える予想のバーチャルオペレーター(受付や案内、相談)をアバターを使って行う利用も増えています。

バーチャルオペレーター

商業デザイナーのお勧めするデジタルサイネージ

看板広告ではなく、宣伝広告のプロが提案

商業デザイナーがデジタル時代の商業広告のデジタルコンテンツ広告宣伝手法で、デジタルサイネージの効果的運用のアドバイスから、運用までを提案いたします。
2D広告から、3D広告のデザインを最先端サイネージに活かします。

広告宣伝アクションプランをもとに、お客様のニーズに最も適したデジタルサイネージをエージェントを介さず、直接承ります。もちろん、相談からご提案まで一流のサポートをご用意しております。

現在、デジタルサイネージのハードは液晶とLEDが主流ですが、今後は有機ELなど新たなタイプがどんどん登場してくるでしょう。コスト感覚は大切ですが、それぞれのメリットを正しく理解した上で、設置目的や設置環境などに適したハードを選ぶことが大切です。もちろん最適なハード選びにはさまざまな要素が絡んできますから、デジタルサイネージのプロフェッショナルにご相談されることをおすすめします。

デジタルサイネージの導入や活用、効果が見込めるコンテンツの作成をご検討されている企業さまや店舗さま、施設さまはお気軽にDDSにご相談ください。お客さまにとって最も効果的で最適なデジタルサイネージをトータルにご提案させていただきます。